設計から施工まで二重の体制で、より信頼性の高い耐震構造の住宅をご提案します。

地震に備える耐震工事

地震に備える耐震工事

平成7年(1995年)の阪神大震災や能登半島地震など、建物の倒壊による被害が数多く発生しています。阪神大震災の被害者の8割は家屋の倒壊が原因でした。 

倒壊した建物の問題点として 
・旧建築基準法に基づいて建築された住宅は、現行の建築基準よりも絶対壁量が少なかった。 
・壁に筋交いが多用されていても、柱の木材を結合する部分が土台から抜けてしまった。 
・建物の重心バランスが悪く、振動を受けて共振した建物がねじれてしまった。 

このような、地震による被害を抑えるため、阪和建設(株)では、耐震に関する知識と施工力で、安心して暮らせる「家づくり」をご提案しています。

耐震補強工事

耐震補強工事
耐震補強とは、建物の耐震性を向上させ、倒壊を防ぐために、構造の強度を高める工事のこと。 
補強工事の方法としては、壁の配置や量を改善する、筋交いや基礎を補強する、基礎・土台・柱・筋交いの接合部分をしっかり固定する、地盤を改良するなどさまざま。 
最近、注目されているのは、基礎・土台・柱を固定する補強用のホールダウン金物などが一般的です。費用も比較的安価なため、耐震補強工事の主流になっています。

耐震構造

耐震構造
耐震構造とは、地震で生じる揺れに耐えるように設計された住宅構造のこと。 

日本では、耐震性を高めた構造が主流で、建築基準法などで定められています。建物の骨組みを筋交いや補強金物などを用いて強化することで、頑丈な骨組みをつくります。 

阪和建設(株)では、設計から施工まで二重の体制で、デザインと構造のバランスがよい、より信頼性の高い耐震構造の住宅をご提案します。